太田建設HOME太田建設の家づくり基本仕様いろんな家施工実績相談室不動産情報スタッフブログ
太田建設の家づくり

価値ある家

いい家の第4の条件

それはまさしく、価値ある家です。

最近建てられている日本の家というのは、建ったときが一番よくて、時の経過とともに家が傷んで価値がどんどん下がっていく。

周りを見渡せば、そのような家や住宅がほとんどだったりします。
それは、なぜでしょうか。

見た目や目先の機能にとらわれ、本物の素材で家をつくっていないからです。
パッと見がいい新建材などを使って家をつくれば、確かに最初のうちは新鮮できれいだと思うかもしれません。

けど、パッと見のいい新建材は、ときが経てば経つほど、みすぼらしくなっていきます。
ある意味、それは仕方のないことです。
原材料が自然素材でない新建材は、経年変化とはならず、経年劣化してしまうからです。

新建材のいい例が、壁のクロスだったり、床のカラーフロアーだったりします。
壁のクロスが色あせたり端がめくれたり、床のカラーフロアーの光沢がなくなってきたり。
その状態は、やはり単なる経年劣化で、誰も味が出てきたなどとは思わないでしょう。

けど、自然素材などの本物の素材であれば、単なる経年劣化とはなりません。

経年劣化ではなく、経年変化と表現され、逆にその状態の変化を楽しめます。
時が経てば経つほど経年変化を起こし、味わいや風合いを増していく、その状態を楽しめるのです。

自然素材のいい例が無垢の木です。
最初は白い無垢の木が、時が経てば経つほど経年変化を起こし、飴色に変化をしていく様子はとても味わい深さを感じます。

珪藻土などの塗り壁にしても、時が経ったからといって、色あせたり端がめくれたりということはありません。

ようするに自然素材などの本物の素材で家を建てれば、家を建てたときが最高ということではなく、その後は味わいや風合いが増して、家の価値が下がらないのです。

家の価値が下がらないどころか、価値が上がっていく家だってあるくらいです。

新築時はどの家も価値があります。

でも、ときが経っても 価値が下がらない家、逆に経年変化を楽しめる家、そんな家が本当に価値のある家ではないでしょうか。

-
太田建設HOMEへページの先頭へ